仮想通貨におけるブロックチェーンの意味をわかりやすく初心者向けに解説!

仮想通貨でよく聞くブロックチェーン。

ブロックチェーンとは何なのか、仮想通貨でこれから取引を行うなら覚えておきたい仕組みなので初心者にもわかりやすく解説します。

仮想通貨について調べているとよく出てくるのが「ブロックチェーン」というワードです。

最近は新聞等でもブロックチェーンについての記事が出るなど、広く知られるようになってきています。

ですが、

ブロックチェーンってなに?
解っているつもりだけど、上手く説明できない…

という人も少なくないでしょう。

特にビットコインなどの人気の仮想通貨とのかかわりが非常に深いものなので、どのようなものなのか少し勉強しておきましょう!

今回は、難しい言葉ではなく、簡単な言葉でわかりやすくブロックチェーンについて解説していきます。

これから仮想通貨で取引をしたい方や、始めたばかりの初心者の方は参考にしてみてくださいね。

ブロックチェーンとは?仮想通貨との関係は?

ブロックチェーンとは…インターネット上でお金などのやり取りをみんなで承認したり見ることができる仕組みのこと。

ブロックチェーンはビットコインの生みの親と言われている「ナカモトサトシ」の論文から作られた技術の名称です。

ブロックチェーン技術に対して積極的に開発に取り組んでいる日立のサイトでは以下のように説明されています。

ブロックチェーン技術(あるいは分散型台帳技術)とは、コンピュータネットワーク上の複数拠点に分散した関係者(コンピュータ、ノード)の間で、取引記録(台帳)の内容を相互に検証・合意・共有し管理する仕組みです。ビットコインを支える技術として開発され、従来のシステムの構造を変革しうる技術として期待が高まっています。
http://www.hitachi.co.jp/products/it/finance/innovation/blockchain/index.html

これではちょっとよく解りませんよね。

これを要約すると以下のようになります。

  • 誰でも取引記録が見られる
  • みんながお互いに認証・閲覧・共有して管理している
  • ビットコインを支える技術として開発された
  • みんなで管理するので改ざんされにくい
  • 今までのシステムをガラっと変えてしまう革命的な技術として期待されている

ブロックチェーンとは技術・仕組みの名称であり、現在は主に仮想通貨に活用されています。

ビットコインもこのブロックチェーン技術を採用しています。

ブロックチェーン技術は仮想通貨のみならず音楽配信サービスなどにも利用されていますし、今後も様々なサービスに活用されることが期待されている技術です。

以下ではその仕組みについて詳しく、具体的に解説していきます。

ブロックチェーンの情報は誰でも見られる

ブロックチェーンに記載された取引記録は全てネットで確認することができるんです。

ブロックチェーン最大の特徴は、「誰でも見られる」という点です。

例えば銀行の取引記録は銀行員しか確認することができませんよね。

自分が確認できるのは自分が行った取引のみで、他の人と銀行との取引は見られません。

ですがブロックチェーン技術では誰でもその取引記録の全てを見ることができます。

ビットコインの場合はブロックチェーンが確認できるサイトにアクセスすれば、簡単に取引記録を確認することができます。

ビットコインでは「アドレス」というものを用いて取引を行います。

そしてどのアドレスからどのくらいのビットコインが取引されたのか、というところまで確認可能です。

https://blockchain.info/ja/

こちらのサイトに登録することで、取引記録が確認できます。

後述しますが、この「誰でも見られる」という仕組みは高いセキュリティを実現するために欠かせないものとなっています。

ブロックチェーンはみんなのパソコンの力で支え合っている

ブロックチェーンはみんなで協力して取引記録を記載・更新していきます。

この仕組みによって管理されることで以下のメリットがあります。

  • 障害に強くなる
  • 信頼性が高くなる
  • コストが低くなる

それぞれのメリットを図を用いて解説します。

障害に強くなる


1つの機関で管理していると、その1つの機関が攻撃されてしまったりシステム障害が起きるとすべてのシステムに障害が起きてしまいます。

ですがみんなで管理する場合、1つのパソコンがダメになっても他の人のパソコンが動いていれば全体に影響を与えることがありません。

信頼性が高くなる


1つの機関で管理するということは、その1つの機関を絶対的に信頼しなければならないということです。

ですがみんなで管理するブロックチェーンの仕組みでは誰か1人を信頼する必要はありません。

みんなで見ているからこそ信頼性・安全性が高くなります。

コストが低くなる


膨大なデータを処理するための高い計算処理能力を持ったパソコンが必要になり、そのためのコストもかかってしまいます。

その計算処理をみんなで分散して行えば圧倒的にコストが低くなります。

これらのメリットをまとめると、「ブロックチェーンの仕組みを用いることで、障害に強く信頼性が高い、そして低コストで仮想通貨を管理できる」と言えます。

ブロックチェーンとマイニング

上記でご紹介したように、ブロックチェーンの仕組みにによってビットコインはみんなの力で支えられています。

このみんなで支える仕組みに参加すると報酬としてビットコインが貰えるようになっているんです。

自分のパソコンの力をビットコインの管理に貸すという仕事をして、その報酬としてビットコインが与えられます。

これを金の採掘に例えて「マイニング」と呼びます。

マイニングの方法そのものはプログラムをインストールして実行するだけなので簡単です。

ですが、取引記録の記載に成功するには誰よりも早く暗号を解読する必要があります。

ビットコインは人気で色んな人がマイニングをしているため、競争率が高いです。

暗号を誰よりも早く解読して取引記録の記載に成功するにはかなり高い計算処理機能を持ったパソコンや専用の機器が必要になります。

つまりビットコインは「高い価値の宝石が出る鉱山だから、狙っている人が多く競争率が高い。高い技術が無いと採掘できない」ということです。

ただし、出たばかりの仮想通貨の場合は、マイニングが比較的簡単なケースもあります。

これから価値が上がるかもしれないけれど、出たばかりの仮想通貨の場合はその価値がまだ未知数です。

狙う人がまだ少ないものだと簡単にマイニングできます。

マイニングのやり方や詳しい内容は以下の記事でご紹介します。

>>初心者でも解る!マイニングのやり方(後日掲載予定)

事実上改ざんが不可能な仕組みになっている

上記で紹介したように、みんなでブロックチェーンを用いた仮想通貨は支え合って成り立っているため高い信頼性を保つことができます。

単純に1人で管理するのではなく、みんなで管理しているから信頼性が高い。ともいえるのですが、

それだけではなくブロックチェーンを用いた仮想通貨は「事実上絶対に改ざんできない」という仕組みになっているんです。

ブロックチェーンでは10分に1ブロックずつ追加されていきます。

1つのブロックには前のブロックのデータを暗号化した「ハッシュ」というものが書かれているのですが、改ざんされるとハッシュの値が変わります。

みんなで管理しているので、「このハッシュ値はおかしい!改ざんされている!」ということがすぐわかります。

間違っているハッシュ値のままでは新しいブロックは生成されないので、データはそこで途切れてしまいます。

改ざんされていないデータの方はどんどん新しいブロックをつなげていって「正しいデータ」として認識されていきます。

仮に改ざんできても、その改ざんされたデータが「正しいデータ」として繋がっていくことがないため、事実上改ざんのできない仕組みということになります。

ブロックチェーンの仕組みに多くの企業が注目している

ブロックチェーンの仕組みは仮想通貨のみならず、これからどんどん利用の幅も広がっていて、標準化されていくことが予想されています。

冒頭にも触れたように日立のような大手企業も注目していますし、マイニング事業への参入を発表する企業もかなり増えています。

Apple社ではブロックチェーン技術に関する特許を出願するなど国内外問わず世界から注目される技術と言えます。

素晴らしい技術だからこそ、この技術を用いた仮想通貨はこれからも注目され続け、価値が上がり続けるのではないかと考えられているんです。

ブロックチェーンを用いた仮想通貨はビットコインだけじゃない!

ブロックチェーン=ビットコインと思われがちですが、あくまでもブロックチェーンは技術の名称です。

実はビットコイン以外にもブロックチェーン技術を用いた仮想通貨はたくさんあります。

国内の仮想通貨取引所でも人気のある「イーサリアム」や「ライトコイン」はもちろん、日本初の仮想通貨である「モナコイン」もブロックチェーンの技術を用いています。

これらのビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれています。

おすすめの仮想通貨国内取引所

改ざんが起きづらいブロックチェーン技術を用いた仮想通貨は、今後も将来性のある投資として注目されていくことが期待できます。

仮想通貨はこれだけ注目されていて知名度も高くなっているのに、仮想通貨を実際に持っている人は投資家へのアンケートをみても全体の約3%で「まだまだこれから成長する」と言われている分野です。

1ビットコイン100万円なんて手が出ない…高すぎる…と思うかもしれませんが、0.0001ビットコインから取引可能な取引所がほとんどで日本円で数千円あれば取引が可能です。

私も宝くじを買うつもりで数千円買ってみるところから始めました。

知識を付けるのも大切ですが、まずは購入してみることから始めるというのも大切。

実際に取引してみると色々解ってくることもあります。

特に初心者の方には国内の安心して取引できる取引所がオススメです。

まとめ

ブロックチェーンについてまとめると以下のとおりになります。

  • ビットコインに使われている技術の名前
  • ビットコイン以外にもいろんな仮想通貨に使われている
  • 「みんなで管理する」技術で信頼性が高く安全に取引できる
  • 事実上改ざんが不可能な仕組み
  • 仮想通貨以外にもいろんな分野での活用が期待されている技術

ニュース等では「ビットコインは危険」「仮想通貨は怪しい」と発言している人もいます。

ですが、実際にはご紹介したように「改ざんが出来ない」という仕組みになっているのでコインそのもののセキュリティ面はとても信頼できるものです。

国内取引所でもしっかりしたセキュリティ対策されている取引所を選べば安心して取引できます。

少額から取引ができるので、余剰金を使って少しずつ購入したり、積み立てという形で投資する人も増えてきています。

特に上記で紹介した取引所はおすすめなのでチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA