【随時更新中】2018年ハードフォークされる仮想通貨のまとめ。最新情報をチェックしよう!

ハードフォークされる予定が発表されているものや噂されていて注目の仮想通貨をまとめました。

ハードフォークとはどういったものなのか、初心者向けに分かりやすく解説したこちらの記事もチェックしてみてください。

>>ハードフォークを初心者にもわかりやすく解説!仮想通貨取引の最新情報を読み取ろう!

2018年はアルトコインのハードフォークが多くなると言われています。

ハードフォークされる予定の仮想通貨は上がることが多いのでチェックしておきましょう!

2018年4月にハードフォークされる予定の仮想通貨

MONERO:XMR

モネロは匿名性のある仮想通貨の中では人気が高く、時価総額も上位のコイン。
4月30日ごろにハードフォークが予定されています。

新しく、モネロV XMV という仮想通貨が誕生することが決まっていてモネロを持っている人に付与されることが解っています。

新しくできるMoneroVとは?

Moneroは発行上限が設定されていない仮想通貨ですが、MoneroVは2億5600万枚と発行上限が決まっています。

発行上限が決まっているということは、コインが増えすぎて価値が下がることが無いということです。

また、MoneroVはMoneroを持っている人のMonero保有数の10倍の数が付与されることが決まっています。

つまり1Monero持っている人には10MoneroVが付与されるということになります。

1枚につき10枚も貰えるのは嬉しいね!

このことから新しいコインを貰うのを目的にモネロを今のうちに買っておこう!という人が増えていて、現在は相場が上がってきています。

MoneroVを貰うには、Moneroをウォレットに置いておく必要があります。

Moneroのウォレットは日本語にも対応していますので、購入後は登録しておきましょう。

>>モネロの公式ウォレットのダウンロードページ

Twitterでの口コミ

ハードフォークが一度延期になったため、少し値下がりしています。

これを狙って買い増ししておこうという人も増えているようです。

相場が上下するのでよくチェックしておくことをオススメします。

取り扱い取引所

モネロは現在海外取引所でしか取り扱われていません。(コインチェックでは取り扱いがありますが、今後モネロをはじめとした匿名性のあるコインの取り扱い停止が決まっています。)

その中でもオススメなのが以下の取引所です。

おすすめのモネロ取り扱い取引所
  • Binance…海外取引所でも世界No1。迷ったら登録しておくべき取引所
  • Bittrex…数多くの仮想通貨を取り扱う人気の取引所
  • Kraken…海外取引所ですが日本語対応しているのでオススメ
これらの海外取引所では日本円の入金ができないので、まずは国内取引所で日本円でビットコイン等を購入してから送金し、モネロに換える必要があります。

まずはビットコインを手に入れておこう!

まだ国内取引所に登録していない方は以下もチェックしておきましょう。

>>おすすめの国内取引所(後日更新予定)

2018年5月にハードフォークされる予定の仮想通貨

ビットコインキャッシュ:BTC

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂して生まれたコインです。

5月にアップデートのためのハードフォークが行われます。

新しいコインのエアドロップはありません。

この月の後、11月にもアップデートによるハードフォークが行われる予定になっています。

ビットコインキャッシュはビットコインから派生したものの中でも評価が高いので、今注目されているコインです。

Twitterでの口コミ

ビットコインキャッシュはハードフォークをしてアップデートすることで、より良い仮想通貨になると言われています。

すでに人気の高い仮想通貨ですが、さらに人気が書くなることも予想されます。

取り扱い取引所

ビットコインキャッシュは国内取引所でも取り扱われています。

中でもオススメは以下の取引所です。

おすすめのBTC取り扱い取引所
  • Zaif…手数料がかかるのではなく貰えるという仕組みでよりお得に購入できる
  • bitbank…キャンペーンで6月末までは手数料無料

2018年ハードフォークに関する噂・最新情報

その他、まだ確定していないものの噂されているハードフォーク情報についてご紹介します。

情報が確定したり変わった場合はその都度更新していきます!

ネムはハードフォークをしないことが決まる

仮想通貨の知名度を上げるきっかけにもなってしまったコインチェック事件。

実は以前にイーサリアムという仮想通貨が不正送金された際には、イーサリアムがハードフォークを行って不正送金されたコインを返却させることに成功しています。

ネムもハードフォークすればいいのでは?という声が上がっていたのですが、ハードフォークをしてしまうとネムの価値や信用性まで下がってしまう可能性もあるため、ハードフォークは行わないことが決定しました。

まとめ

今回のまとめMEMO
  • ハードフォークは最新情報をチェックしておくことが重要!
  • 海外取引所のみで取り扱うコインもまずは国内取引所でビットコインを買うところから始めましょう
  • ハードフォーク前後は相場が上がりやすいので要チェック
  • 最新情報は随時更新されるので月ごとにチェックしておきましょう!
ハードフォークが行われる、という情報が出た仮想通貨の価値は上がったり下がったりしやすくなります。

特にコインの分裂が行われる予定なら、その仮想通貨を持っていると新しい仮想通貨が無料で貰えるため注目度は高くなります。

基本的には上がることの方が多いので、「今から仕込んでおこう!」という人が増えます。

これから上がると予想される仮想通貨を購入したい!

と考えている方はハードフォークの情報もしっかりチェックしておくべきでしょう。

もちろん、ハードフォークの内容によっては下がることもありますし、発行後少し上がったもののすぐ下がってしまうというケースもあります。

いずれにせよ情報をしっかりチェックしておくことが大切なので、こちらのページを参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA